Meg★のマンション勉強ブログ

マンション管理員経験者が、マンションについて勉強するために書いています♪(マンション管理士試験受験)よろしくお願いします。(*'▽')

カテゴリ:

2017年に発売された、話題の本【多動力】を読んでみました。

IMG_5624


結論から言うと、本当に素晴らしかったです。
こういう考え方もあるのか!と、私自身前向きに考えていけそうと思えました。

ビジネス書ですが、ビジネスだけじゃなく主婦の生き方としてもとても参考になりました。

その中でも、特に心に響いたことを2つ書きます。

①家を持たずホテル住まいをして、家事をしない。
そのことで、仕事ややりたいことに時間が使える。

②日本の「バランス教育」は子どもの集中力と好奇心をそぐようにできている。

①について
誰もが出来ることじゃありません。
普通じゃ出来ませんよね。
でもその考え方から、学ぶことはたくさんあります。

私自身、家事にどれだけ時間を費やしているかってことです。
その分やりたいことができていない。
それは、マンション管理士試験の勉強をしている時も感じました。

なので、家事をしないではなく、簡単に済ませる方法を考えるようになりました。

もちろんポイントは押さえて、手抜きというわけではなく、簡単に済ませる方法を模索するということです。
断捨離や片付けが大事だと思いました。

②について
これは自分の子どもの頃~大学生まで勉強する中で、矛盾を感じていたことがわかりました。
バランス教育で、みんな同じように・・はどうなのかなって思います。
現代の教育の問題点の提起ですね。
中々簡単に変わるものでもないので、悩ましいですが・・。

ぶっちゃけ、テレビで見るホリエモンは好きじゃなかったのです。
そんな私がこの本に感動したので、つい熱くなりました。(笑)

.。o○.。o○.。o○.。o○



多動力とは、いくつもの異なることを同時にこなす力のことを言う。

一つのことをコツコツとやる時代は終わった。
これからは、全てのモノがインターネットに繋がり、全産業の〝タテの壁〟が溶ける。
このかつてない時代の必須スキルが、あらゆる業界の壁を軽やかに飛び越える「多動力」だ。

第1章 1つの仕事をコツコツとやる時代は終わった
第2章 バカ真面目の洗脳を解け
第3章 サルのようにハマり、鳩のように飽きよ
第4章 「自分の時間」を取り戻そう
第5章 自分の分身に働かせる裏技
第6章 世界最速仕事術
第7章 最強メンタルの育て方
第8章 人生に目的なんていらない

この本は、いろんな世代の方におススメです!
Amazonでチェック!
IMG_5626



このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4422
  ピンボケで、すみません。(^-^;

リスクコミュニケーションについて
「リスクコミュニケーション」とは消費者、事業者、行政担当者などの関係者の間で情報や
意見をお互いに交換しようというものです。

関係者が会場などに集まって行う意見交換会、新たな規制の設定などの際に行う意見聴取
(いわゆるパブリック・コメント)が双方向性のあるものですが、ホームページを通じた
情報発信などの一方向的なものも広い意味でのリスクコミュニケーションに関する取組に
含まれています。

リスクコミュニケーションとは

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

◆「感染症パニック」を防げ! リスク・コミュニケーション入門 (光文社新書)
(日本語) 新書 – 2014/11/13
岩田 健太郎 (著)


新型コロナウイルス感染症騒動の今、読んでみました。

岩田 健太郎さんについては、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」内部の情報をYouTubeで発信したことで、名前を知りました。
かなり専門的な話でしたが、参考になりました。

普段のコミュニケーションにも役立つ話がありました。

なかで、神戸大学病院感染症内科診療科の学生に対して、差別的にならないような話し方の指導をされているというのに、納得しました。

例えば男性で、女性・年下などに対しての態度・言葉使いです。
飲食店で店員さんに横柄な言葉を使う人は、差別的なことを言う傾向にあるそうです。
飲食店で注文するのにも、丁寧な言葉使いが大事だということ。

Amazonより
【内容】

エボラ出血熱、新型インフルエンザ、デング熱、
SARS、西ナイル熱、炭疽菌等によるバイオテロ……。
高度な文明社会となった現代でも、
感染症は相変わらず人類をおびやかし続けている。
目に見えない敵、感染症のリスクを扱うときには、
単に患者を診断し、病原体を見つけ、
それを殺して治療する以上に必要となるものがある。
それはパニックと対峙し、パニックによる被害拡大を防ぐための
コミュニケーションの方法である。
「恐さ」をどのように捉え、いかに効果的に伝えるか。
本書では、いくつもの感染症のアウトブレイクに居合わせ、
“感染症にとりつかれた男"とも言われる医師・岩田健太郎が、
その経験を交えながら、感染症を題材とした
リスク・コミュニケーションのあり方を教える。
感染症以外のリスクを扱う立場にいる人にも役立つ、
リスク・コミュニケーションの入門書。

【目次】

はじめに

第1章 リスク・コミュニケーション入門

(1)リスク・コミュニケーションとは何か?
(2)リスクを見積もる・リスクに対応する
(3)効果的なリスク・コミュニケーションのために
(4)聞き手を動かすコミュニケーション
(5)価値観・感情とリスク・コミュニケーション
(6)リスクを伝えるリスク
(7)優れたリスク・コミュニケーターであるために

◎小見出しの一部を抜粋
パニックや不感症との対峙/感染症の状況把握/記者会見のあり方/パニックに
なった人々を相手にするには/誠実に見えるプレゼン、効果的なスライド/メデ
ィア関係者との距離感/デマを発信する人は英語力が弱い/トンデモと対峙する
/時間効率を考える/病院内でのリスコミ…etc.

第2章 感染症におけるリスク・コミュニケーション
……《実践編》

【エボラ出血熱】
【1999年の西ナイル熱】
【2001年のバイオテロ】
【2003年のSARS】
【2009年の新型インフルエンザ】
【2014年のデング熱】

参考文献
あとがき

【著者プロフィール】

岩田健太郎(いわたけんたろう)
1971年島根県生まれ。島根医科大学(現・島根大学)卒業。
沖縄県立中部病院、ニューヨーク市セントルークス・ルーズベルト病院、
同市ベスイスラエル・メディカルセンター、北京インターナショナルSOSクリニック、
亀田総合病院を経て、2008年より神戸大学。
神戸大学都市安全研究センター医療リスクマネジメント分野および
医学研究科微生物感染症学講座感染治療学分野教授。
神戸大学病院感染症内科診療科長。
著書に『予防接種は「効く」のか?』『1秒もムダに生きない』
『99・9%が誤用の抗生物質』(以上、光文社新書)、
『感染症外来の事件簿』(医学書院)、
『主体性は教えられるか』『医療につける薬』(以上、筑摩選書)、
『「患者様」が医療を壊す』(新潮選書)、『「リスク」の食べ方』(ちくま新書)など多数。
内容(「BOOK」データベースより)
エボラ出血熱、新型インフルエンザ、デング熱、SARS、西ナイル熱、炭疽菌等によるバイオテロ…。高度な文明社会となった現代でも、感染症は相変わらず人類をおびやかし続けている。いくつもの感染症のアウトブレイクに居合わせ、“感染症にとりつかれた男”とも言われる医師・岩田健太郎が、その経験を交えながら、感染症を題材としたリスク・コミュニケーションのあり方を教える。感染症以外のリスクを扱う立場にいる人にも役立つ、リスク・コミュニケーションの入門書。


クルーズ船の内実をYouTubeで訴えた岩田健太郎医師と内田樹さんの対談がAERAで実現!
このエントリーをはてなブックマークに追加

文藝春秋オピニオン 2020年の論点100 (文春ムック)

この中で、タワーマンションについて興味があり、借りてみました。

IMG_3745


★タワーマンションの「スラム化」をどうやって防ぐか?
簡単にまとめると
タワーマンションの大規模改修や建て替えについて進めていくのに、戸数の多い住民の
合意形成を取ることは大変なこと。
修繕や建て替えの合意が出来なければ、マンションの老朽化が進み、資産価値も落ちる。

管理組合の意思決定をするのは、住民の中から選ばれた理事で構成される理事会。
●住民以外のマンション管理のプロを理事に任命できるようにする。
⇒管理組合の理事を単なるボランティアではなく、プロの経営者にしてもらう。


この話には経費がかかりますが、経験から納得できる話です。

タワーマンション以外の普通のマンションの管理員さんの話ですが、
エレベーターが古くて交換した方がいいのに(一基ではなく数基あって)経費が
かかり過ぎで、全く進まない。

前の職場では、エレベーターマットがかなり痛んでいるのに、購入やレンタルの話
が進まない。

こういうことでさえ進まない現状があるので、管理組合でいろいろ進めていくのは
大変なことが多いし、とにかく時間がかかるのです。

◆Amazonでチェックしてね!


それ以外の話についてですが・・
私があまり得意ではない政治の話などが興味を持って読みやすく書かれています。
中々面白いです。

【特別エッセイ】中川翔子
なくならないいじめ 何度でも言う「死ぬんじゃねーぞ!!」
これは、若い人に読んで欲しいですね。

内容紹介
受験改革にいち早く対応! 100のテーマに100の解答――就活生、ビジネスマンの教養にも!!
【5大特別企画】1対論で思考力を鍛える 2韓国という憂鬱 3大学受験に役立つ古典 4シミュレーション 令和X年 戦争への道 5令和のニュースター
【特別エッセイ】藤崎彩織/中川翔子

【目次】
★特別企画1 対論で思考力を鍛える
愛子天皇を認めるべきか
1 性別に関係なく人物本位 それが新しい流れ 河西秀哉
2 ご都合主義で皇位継承順位を変える不遜さ 阿比留瑠比
FB「リブラ」がもたらすもの
3 誤った経済政策を矯正するためにリブラ導入が望まれる 野口悠紀雄
4 金融政策が効かない――リブラは国民の信認を得られるか 浅川雅嗣
ファーウェイのスマホは安全か
5 欧米の政府・企業も指摘 ファーウェイのスマホはスパイ工作に使われるか 山田敏弘
6 ファーウェイよりGAFA、BATの安全を論じるべきだ 遠藤誉
MMTは卓論か愚論か
7 MMTは主流派経済学の最大の急所を突いた 中野剛志
8 野放図な財政拡張政策の妥当性を裏付けようとする危険な理論 木内登英
キャッシュレス社会の未来
9 スマホ一台ですべて決済 低コスト化のメリットを最大限に享受せよ 西村友作
10 便利さだけが全てではない 〝物理的な現金〟がなくなる恐ろしさ 浜矩子
憲法を改正する必要はあるか
11 〝不道徳〟な現行憲法は一刻も早く改正すべき 廣池幹堂
12 「統帥権条項」が現代に復活する 石川健治
夫婦別姓で社会はよくなるのか
13 自ら考え、姓を選択することが日本社会のレベルを上げる 青野慶久
14 夫婦別姓は家族の形を変える 八木秀次
受験改革で国語力はアップするか
15 国語教育では、まず論理の力を鍛えよう 野矢茂樹
16 教育改革がもたらす「ことば」の危機 紅野謙介
受験改革で英語力はアップするか
17 「ぺらぺら礼賛」で迷走する英語「4技能」看板 阿部公彦
18 時代遅れの受験英語が生徒のやる気を失わせてきた 安河内哲也
ほか
このエントリーをはてなブックマークに追加

奇跡の不動産屋が教える 幸運が舞い込む「部屋探し」の秘密
– 2019/2/20 鈴木 誠 (著)
IMG_3647

感想です。

細かい表現は違うと思いますが、私の言葉で書きます。

風水の考えに似たような、部屋に入った時感じる【気】を大切に~。
著者が風水にお詳しいわけではないのですが、何となく自分の直感で良さそうな
感じがする部屋を探せばいいということです。
心地よい・気持ちよいみたいな感覚です。

読みやすくて、とても共感しました。(*^^)v

内容は、ほぼAmazonの解説通りです。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

一つ、窓についての話は私の考えとは少し違う部分がありました。
本で は・・
・すりガラスはNG
・透明で、景色が見えるようにする。
とのことで確かに、良い考えだと思います。

我が家はリフォームの時に、断熱窓にしました。
一部にすりガラスを取り入れました。



我が家のリフォームの時には
①大きい窓は、上半分は透明で下半分をすりガラス
②道沿いの小さな窓は、すりガラス

①は、マンションがある方角です。
②は、リビングの一部です。
細い道ですが抜け道になっていて人がよく通る側です。
レースのカーテンをしていても、人が通る様子が見えて、気になって落ち着かなかった
のです。
私のパソコンを置いている場所の近くで、よく使っている場所です。
ここをすりガラスに変えたら、長年感じていたストレスが一気に解消されました。
(すりガラスにしてみて、外がかなり気になってに気付きました。)
すりガラスを一部取り入れるのは、我が家にとってすごく良かったです!!

いろんな意味で、リフォームは大成功だったと思います。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

奇跡の不動産屋は、本を読んだだけでは大袈裟な気がします。
テレビを見たことがないので、見てみたいですね。

これから部屋を探す方にはおススメなので、
是非、Amazonでチェックしてみてください!


内容紹介
日テレ「有吉ゼミ」で人気の不動産屋さんによる幸せになるためのお部屋探しの秘訣!

坂上忍さん推薦!
「誠さんが紹介する物件はレベルが違うんです!
そりゃあ、幸せだってやって来るってもんです」

[本書の内容]
・部屋探しを間違えると人生で迷子になる
・斜めな部屋では、人生も斜めになる
・おとり物件にひっかからない
・悪徳不動産屋のチェックポイント
・人生で成功したいなら「住所」を侮らない
・住む部屋次第で年収は2倍になる
・地方からの上京組こそ妥協してはいけない
日当たりには徹底的にこだわれ
・通勤電車の乗り換えは1回まで
・よい部屋は必ずあなたを応援してくれる

内容(「BOOK」データベースより)
幸せを「予約」したければ、気持ちのいい部屋に住みなさい。部屋も人生も日当たり超大事!エネルギーのある「住所」を選ぶ!窓からの景色は自分の未来を映す!寝室は毎朝生まれ変わるための場所!

著者について
●著者略歴
1977年茨城県生まれ。誠不動産株式会社 代表取締役。高校卒業後、陸上自衛隊(朝霞駐屯地)に入隊。その後アパレル販売員を経て、不動産業界に転身。大手不動産仲介会社を経て独立。既存顧客の紹介を条件に物件案内をする完全紹介制で、ご縁のあったお客様に心を込めて全力で「住んだ後に幸せになっていただける空間」を提供している。お客様への徹底した心づかいが評判を呼び、芸能関係者やプロスポーツ選手など、紹介は途切れることがなく、年間の物件内見数は日本一を誇る。不動産仲介業界の健全な発展のために日夜尽力している。日テレ「有吉ゼミ」不動産コーナーに好評出演中。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近読んだ本をサクッと、紹介します。
私は感想文が苦手なので、お許しください。(^-^;

IMG_3002


◆マンションを買うなら60㎡にしなさい

タイトル通りの内容です。
ただ、都心と準都心の話です。

Amazonの紹介を貼ります。



【なぜ60㎡なのか?】
60㎡はさまざまな側面から見て最も無駄がありません。
70~80㎡に比べ、60㎡は価格が手ごろなのに加え、
仮に売ることや貸すことになった場合でも、
〝守備範囲が広い〟ので「売りやすく、貸しやすい」のです。

入居を希望する人たちは「夫婦2人」から「子ども1人の夫婦」に加え、
「夫婦と小さな子ども2人」「シニア」「1人暮らし」
「兄弟姉妹」「母子または父子家庭」と、非常に幅広いのです。

自ら住む層だけではなく、「不動産投資」や「相続税対策」などの
需要もあります。人口減少・少子高齢化が加速する日本で、
新たに住宅を購入し、安心して暮らしていくためには、
「その家(マンション)に縛られてしまうリスク」
「住宅ローン破綻のリスク」を回避することが大切です。

【60㎡が最強である4つの理由】
(1)売りやすい⇒価格が手ごろで、ターゲットが広いから1年中売れる!
(2)貸しやすい⇒都心では賃貸の供給数が少なく、貸しやすい!
(3)コストパフォーマンスに優れている⇒80㎡は2600万円も損をする!
(4)税制メリットを効率的に受けられる⇒最大400万円も控除される!


◆いい仕事をする人は言葉選びがうまい: ビジネスの口語なるほど「言い換え」術
https://amzn.to/2R4nQwT


この本は実例がたくさんあり、とても参考になりました。
例えば・・
◎ピンチ!
謝る・断る・頼む

◎ビジネス敬語
✖その件に関して、忘れていまして
〇その件に関して、失念いたしまして
これは、お恥ずかしながら知らなかったです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ