フリーターMeg★のブログ

マンションや住まいについて勉強しながら、書いています♪ その他雑記も~。よろしくお願いします。(*'▽')

カテゴリ: マンション管理

マンションに関する法律を勉強するために、関連する記事をまとめていきます。
自分用の備忘録です。

9b59858edda2d9564ed2ffbe13c0a9f8_s


詳しいことは、下の記事を見てくださいね。
◆区分所有法ってどんな法律?
マンションを購入すると適用を受ける法律
分譲マンションには、「建物の区分所有等に関する法律」(以下、「区分所有法」)という、民法の特別法として定められた法律が適用される。つまり、マンションを購入した人は、そのマンションの区分所有者として区分所有法とかかわっていることになる。

◆区分所有法ではどんなことが定められている?
区分所有法で決められた専有部分と共用部分
・専有部分と共用部分
マンションのように1棟の建物に複数の所有者がいる建物を「区分所有建物」といい、所有している人のことを「区分所有者」という。

「区分所有建物」のうち、区分所有者が単独で所有しているのが「専有部分」。天井や床、壁などで囲まれ、独立した出入口がある住戸の内部空間を指している。それに対して、建物全体のエントランスやエレベーター、共用階段、廊下など区分所有者全員で共有しているのが「共用部分」だ。

引用元 スーモより


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

★区分所有法の概要


    このエントリーをはてなブックマークに追加

さりげなく、タイトルを変えています。

以前の職場を変わり、今は同じマンション関係の別の職場で働いています。
勤務の日数としてはかなり少な目で、WワークOKです。
いわゆるフリーターです。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

マンションについて勉強しています。

マンションにおける漏水事故の原因や経路はさまざまだそうです。

私たちは居住者から詳しく話を聞いて、原因を探ることが必要になります。
話を聞いて、管理会社に伝えることが仕事になります。
少しでも予備知識があると違うと思い、検索して勉強しています。

①水漏れの発生箇所はどこか
水漏れについてはマンション管理組合として水漏れ事故の原因がどこにあるのかを調査をする必要があります。水漏れ事故の原因が人為的なものかどうか、また原因となった欠陥の部分が専有部分か、共用部分かによって誰が責任を負うかが異なってきます。

まず、水漏れの発生箇所が、「専有部分」なのか「共用部分」のどちらかを確認しましょう。

「天井から漏水し、建具や家財道具等が水浸しとなり、水が引いたあとも壁や天井に染みができ、家具類が使い物にならなくなってしまった」というケースが見受けられますが、この場合は、まず漏水の原因となった欠陥のある箇所、例えば給排水管のひび割れによる漏水の場合はその専有部分の所有者が責任を負います。共用部分であれば、原則として区分所有者全員が責任を負います。

給水管、排水管は、本管が共用部分、枝管が専有部分と解されていますが、水漏れ箇所が専有部分か共用部分かが明らかでない場合は、法律では共用部分に原因があるものと解されています。

②水漏れの原因
水漏れ事故が誰かの過失が原因で発生したものなら、当然にその人が責任を負担することになります。

一方で水漏れ事故が誰かの過失によるものではなく、マンションの排水管の老朽化などが原因の場合は、その原因となった欠陥部分の所有者が責任を負うことになります。

■水漏れの原因は、大別すると次の3つに分かれます。

①居住者の使用上の過失などの人為的な原因に基づく場合
②施工上やリフォームの際など、工事業者の責任に基づく場合
③人為的でなく共用部分または専有部分の老朽化による場合

引用元


d8e4f3cee40d7a71083fec34e9df9063_s

    このエントリーをはてなブックマークに追加

【マンションの水漏れ】
調べていたら、出てきた情報です。



最初に、水漏れを発見したら「水を止める」ことを優先しましょう。

床がびしょびしょになっていると、驚いて管理会社や水道修理業者にいきなり電話をされる方が多いですが、電話をしている間も水は流れ続けています。

そのため、水漏れを発見したら「元栓」を最初に止めることを優先しましょう。

元栓は、多くのマンションで玄関横の電気メーターや給湯器が入っている扉の中に入っています。元栓を閉めると、家中の水を止めることができます。

元栓を閉めた状態で、床などが濡れているのであれば雑巾などで水気を取り除きます。

水を放置していると、どんどん床に染み込んで下の部屋に水が漏れてしまいます。水漏れ加害者にならないように、落ち着いて素早く対処しましょう。

これを読んで、私ならすぐ電話しそうと笑えました。
まず水を止めることを考えなきゃいけませんね。

d8e4f3cee40d7a71083fec34e9df9063_s

    このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションについて、勉強しています。

7a0d5109032e1e110a2a875a085a395c_s

以前居住者から、エレベーター内が【煙草臭い】という話がありました。
居住者「管理会社にも伝えたけど、どうにもならないんですよ。」と。

取り合えず、管理会社の担当者に伝えました。
そのやり取りを通して、
●エレベーターの中で吸っているわけではない。
●部屋で煙草を吸って出てきた感じの、残り香。
●ヘビースモーカーっぽく、その人が通るだけで臭い。
●私も居住者も、誰かわかっている。

結論:禁煙マンションではないので、どうにもならない。
私が気付いた場合、消臭剤を撒くくらいですね。

共同生活なので、居住者が我慢するしかないのです。

もしこれからマンションを買う場合は、そういう人がいる可能性もあるので
煙草に敏感な人は、注意してください。

私は一軒家で煙草を吸う人がいないので、我慢が出来るかどうか自信がありません。


マンション管理士の方が書かれた記事が参考になりました。
紹介します。
◆バルコニーでの喫煙への対処法


◆バルコニーでの家庭菜園


まとめ
マンションは共同生活なので、一軒家のように何もかもは自由には出来ません。
上の2つの記事も、一軒家なら何も問題ない話です。

メリットも多いマンションライフですが、こういうデメリットも考慮に入れられた方が良いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

マンション関連の勉強用として、引用させていただきます。

ff0fd5693c62b4ea4f9d76a1dfbc2956_s


ベランダ、バルコニーの違いは? 意外と知らない「言葉の意味」と「禁止されている使い方」


◆「ベランダ」「バルコニー」の定義を知ろう
「雨が降ってきたからベランダの洗濯物を早く取り込んで!」「私、バルコニーでプチトマト育てているんです」――日常生活でこんな会話が出てくることがあると思いますが、みなさんは、マンションの「ベランダ」「バルコニー」の違いを知っていますか? 改めて問われると「分からない」という方が多いかもしれません。オールアバウトで「住まいの設備ガイド」を務める岩間光佐子さんに伺いました。

「一般的には、ベランダは2階以上にあり、住戸から外に張り出していてある程度の雨風をしのげる屋根のあるスペースを指します。形状、広さにもよりますが、雨の日でもそこで濡れずに過ごせますし、洗濯物も干すことができます。

バルコニーはベランダと同様のスペースですが、大きく異なるのは屋根がないことです。
また、ルーフバルコニーと呼ばれるものは、下の階の屋根=ルーフを利用したもので、通常のベランダやバルコニーよりも広いケースが多くみられます」

「バルコニー」だと思っていたけど、厳密には、実は「ベランダ」だったいうお宅は多いかも。さらに、よく耳にするサービスバルコニー、テラスについても聞いてみました。

「サービスバルコニーはエアコンの室外機やちょっとしたモノ置きとして使われる場合が大半。狭いスペースの場合が多いでしょう。

また、テラスとは、本来、土地の一部を盛り上げ、平らにした部分のこと。庭付きの1階住戸にコンクリートやタイルなどを敷き詰めたテラスが設けられているケースがみられます」


これは、知らなかったです。
言葉の意味は難しいですね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いします。

久しぶりの更新になってしまいました。

今回は、騒音問題について書きます。

bf3509fc96672ce3e0ea6cc73e50dfe6_s


今まで書いていませんでしたが、何度かありました。
管理員の私に言われたり、管理会社に直接言われたり、両方あります。
私に言われても聞くだけで、管理会社に伝えるという指示を受けています。

管理会社が理事会で話題にするという前提ですが、掲示板の掲示で当事者を特定しないよう注意喚起します。
それだけですぐに改善されたこともありますが、相変わらずのこともあります。

マンション暮らしは共同生活なので、ある程度の生活音が聞こえるのは仕方がないことです。
騒音問題のトラブルを避けるためには、日頃からお付き合いをしておくことのようです。

居住者さんの話でも、子どもがピアノの練習をしている時には、下の方に迷惑をおかけしているという声かけをしていたそうです。
そういうお互いに気遣い出来る関係が出来ていて、トラブルはなかったとか。

騒音トラブルが多いのは、住人同士のコミュニティが薄れたことも原因のようです。

マンション暮らしをするなら、他人の生活音は覚悟しないといけません。
そういうのに神経質な人は、マンション暮らしという選択をしないほうがいいと思います。
ぶっちゃけ私は戸建てに住んでいるので、騒音の苦情を何度も聞いてたら、そんなに言うならマンションに住まなくても・・と思ってしまいます。

これからマンションを購入されるなら、そこは良く検討してからにしてください。

マンションの居住者の雰囲気を良く調べられて購入される方いいですよ~。

時には耳栓も~。


14971b10a5be51d27aab5350c8a3bce7_s
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ