5006224_s

高齢化とともに、認知症患者数も増加しています。

「日本における認知症の高齢者人口の将来推計に関する研究」の推計では、2020年の65歳以上の高齢者の認知症有病率は16.7%、約602万人となっており、6人に1人程度が認知症有病者と言えるそうです。

認知症は脳の病気
認知症はさまざな原因により脳細胞が死んだり働きが悪くなって記憶・判断力の障害が起こり、生活に支障をきたす病気です。
単なる「加齢によるもの忘れ」とは違います。

.。o○.。o○.。o○.。o○

実は以前勤務していたマンションにも認知症の方がいらっしゃいました。
その方は奥様が献身的にお世話をされていて、恵まれていたと思います。

マンション等で一人暮らしで身寄りがない人が、認知症っぽい症状が出て困った時は
どうしたらいいと思いますか?


正解は
地域包括支援センターに連絡することです。

私も少し前に知ったのですが、こちらには家族ではなくても連絡出来るのです。

もちろん守秘義務があるので、連絡した人の個人情報は守られます。


地域包括支援センターとは・・



動画がわかりやすいです。
地域包括支援センターとは

良い本の紹介です。
◆必携! 認知症の人にやさしいマンションガイド 多職種連携からみる高齢者の理解とコミュニケーション

認知症の専門的な話とマンションにおける事例と具体的なアドバイスが書かれています。
IMG_6666

最後の方に
認知症の人への対応
べからず十三ヵ条がありました。
五の「長時間の対応はするべからず。」がとても心に響きました。
どういうことかは、本を読んでみてください。

とても参考になりました。
身近に認知症の方がいらっしゃる方も、そうでない方も読んでみられたらいいと思うおススメの本です。

★4.5


居住者の半数は60歳を超えているマンション。
トラブルも増加している。
認知症患者にもやさしいしいマンション環境を築いていくかを、認知症問題にかかわる様々な専門家とマンション管理の専門家から、管理組合のみなさんに知恵と情報を提供。

実は私の義理の親が軽い認知症です。
ある程度の知識はありますが、この本認知症の専門的な話でより理解が深まりました。