実は、マンション管理士の試験勉強がはかどっていません。

4360280_s

そんな時に、マンション管理士のとくおっさん様の良い記事を見つけました。

この問題は、解説を読んでも意味がよくわからない私には、難問でした。

わかりやすい解説をありがとうございました。😊

2015年度(H.27)のマンション管理士試験の問16
民法の相続です。



比較するのにわかりやすいように、色を付けてみました。

〔問16〕
Aがその所有する甲マンションの301号室をBに賃貸していたところ、Aは死亡し、
Aの配偶者C並びに子D及びEは、いずれも単純承認した。
この場合に関する次の記述のうち、区分所有法及び民法の規定並びに判例に
よれば、誤っているものはどれか。


遺産分割によってCが301号室を相続し、
Aが死亡するまでに滞納した管理費の負担に関する合意がないときは、
甲マンション管理組合の管理者Fは、遺産分割後において、
Aが死亡するまでに滞納した管理費の4分の1をDに対して請求できる。


遺産分割によってDが301号室を相続し、
Aが死亡するまでにBが滞納した賃料債権の帰属に関する合意がないときは、
は、遺産分割後において、
Aが死亡するまでにBが滞納した賃料債権の4分の1をBに対して請求できる。


遺産分割によってD及びEが301号室を持分各2分の1として相続し、
Aの死亡後遺産分割までに滞納した管理費の負担に関する合意がないときは、
甲マンション管理組合の管理者Fは、遺産分割後において、
Aの死亡後遺産分割までに滞納した管理費の全額をDに対して請求できる。
不可分債務

4⇒誤り
遺産分割によってEが301号室を相続し、Aの死亡後遺産分割までにBが滞納
していた賃料債権の帰属に関する合意がないときは、
は、遺産分割後において、
Aの死亡後遺産分割までにBが滞納した賃料債権の全額をBに対して請求できる。

過去問問題集の解説より
「全額をBに対して請求できる」⇒「4分の1の限度でBに対して請求できる」
遺産は、相続人が数人あるときは、相続開始から遺産分割までの間、共同相続人の共有に属する(898条)。
そしてこの間に遺産である賃貸不動産を使用管理した結果生じる賃料債権は、遺産とは別個の財産というべきであって、各共同相続人がその相続分に応じて分割単独債権として確定的に取得し、その帰属は、後にされた遺産分割の影響を受けない(判例)。



とくおっさん様の解説
最高裁は 上のような判断をしたのでした
1について
  Aが死亡するまでに滞納した管理費の支払債務は可分債務なので 相続分に
  応じて 法律上当然 承継される
2について
  相続財産として可分債権があれば それは当然に分割されて 相続分に応じて
  共同相続人が権利承継する(最判昭29・4・8)
  Bが滞納の賃料債権は可分債権
3について
  専有部分を共有する者の管理費等の支払債務は 不可分債務と解されている
                    (判例 東京高判平成20年5月)
  債権者は 一人に対し 又は同時に・順次にそのすべての不可分債務者に対し
  全部又は一部の履行を請求できる(民430・436)
  301号室は遺産分割されるまでC・D・Eが共有者(民898)で 不可分債務で
  ある管理費等支払債務を負っているので 
  その場合 D一人に対し 全額を請求することも可能




追記あり!