これは我が家の話ですが、近くのマンションの屋上に鳩が居ついています。

1881241


以前洗濯物を干していたら、我が家の車庫の上で大きな音がして驚きました。
それが鳩だったのです。

朝何とも言えない鳴き声が、うるさいです。

一応マンションの管理員さんに伝えました。
各部屋のベランダに鳩よけネットが張られてはいます。
相談して下さったのですが、鳩に対する対策はないと言われたようです。

何か良い方法をご存知の方は、教えていただきたいです。




マンションの共用部分のハト被害、管理会社に対応をお願いしようと考えています。
妥当ですか?法的に裏付けできるようなことがあれば教えていただけませんか?
先日賃貸単身者用マンションに入居しました。
入居前から、ベランダ部分(屋上に止まるハトのせい)に落ちてくるハトの糞被害には気づいていましたが、
被害がひどく、このままではハトの糞の毒性から健康へ害がでることも考えられます。
屋上とベランダは共に共用部分ですし、マンションの管理会社が対応すべきではないかと考えています。
しかし、門前払いをくらわないように、強く申告したいので、
1)何か専門的な裏付け(例えば不動産関係の法)をご存知の方いらっしゃいませんか?
ハトの被害は、隣の家や下の階の住居にも被害がでており、ベランダに洗濯物が干せない程深刻な状況です。
2)管理会社への申告について何かアドバイスを頂けませんか?
教えて頂けるとうれしく思います。

ベストアンサーに選ばれた回答
A回答日時:2009/3/7 22:37:32
民法606条により賃貸人は賃貸物の使用等に必要な修繕を行なう義務があります。通常ベランダは洗濯物を干す場なのに、それが果たされないと言う事は賃貸人は必要な対策を行う義務があります。管理会社(というか、大家側)が何も対策を取らないのであれば民法545条により賃貸契約を解除して損害賠償を求める事ができます。

ただベランダにハトが飛んでくるのは仕方の無い事ですし、被害の程度にもよりますのでベランダの状況を写真などで記録しておき法律家の判断を仰がれた方が良いと思います。
まあそこまでいきなり強硬な姿勢で臨まなくとも、最初は相談といった形にして門前払いをされそうになれば「民法606条で修繕義務があると聞いたんですが」と言ってみましょう。それでも応じなければ弁護士などに相談ですね。