マンション関連の勉強用として、引用させていただきます。

ff0fd5693c62b4ea4f9d76a1dfbc2956_s


ベランダ、バルコニーの違いは? 意外と知らない「言葉の意味」と「禁止されている使い方」


◆「ベランダ」「バルコニー」の定義を知ろう
「雨が降ってきたからベランダの洗濯物を早く取り込んで!」「私、バルコニーでプチトマト育てているんです」――日常生活でこんな会話が出てくることがあると思いますが、みなさんは、マンションの「ベランダ」「バルコニー」の違いを知っていますか? 改めて問われると「分からない」という方が多いかもしれません。オールアバウトで「住まいの設備ガイド」を務める岩間光佐子さんに伺いました。

「一般的には、ベランダは2階以上にあり、住戸から外に張り出していてある程度の雨風をしのげる屋根のあるスペースを指します。形状、広さにもよりますが、雨の日でもそこで濡れずに過ごせますし、洗濯物も干すことができます。

バルコニーはベランダと同様のスペースですが、大きく異なるのは屋根がないことです。
また、ルーフバルコニーと呼ばれるものは、下の階の屋根=ルーフを利用したもので、通常のベランダやバルコニーよりも広いケースが多くみられます」

「バルコニー」だと思っていたけど、厳密には、実は「ベランダ」だったいうお宅は多いかも。さらに、よく耳にするサービスバルコニー、テラスについても聞いてみました。

「サービスバルコニーはエアコンの室外機やちょっとしたモノ置きとして使われる場合が大半。狭いスペースの場合が多いでしょう。

また、テラスとは、本来、土地の一部を盛り上げ、平らにした部分のこと。庭付きの1階住戸にコンクリートやタイルなどを敷き詰めたテラスが設けられているケースがみられます」


これは、知らなかったです。
言葉の意味は難しいですね。