Meg★のマンション勉強ブログ

マンション管理員経験者が、マンションについて勉強するために書いています♪(マンション管理士試験受験)よろしくお願いします。(*'▽')

2019年12月

マンション管理員Meg★です。

マンションに住んだことのない私が、最初の頃驚いたのが・・

エレベーターが下りて来たのに、人がいない?
幽霊?(笑)

aef88a802bee03ee3ea5cfae55ce7728_s

これって、エレベーターを降りる時に、1階を押して下に降ろして
いたんですね。

こんな記事がありました。


エレベーターを無駄に動かすことになるので、戻さなくていいようです。

マンション管理員としても、1階には戻さないで欲しいです。
1階にいて、エレベーターが開くと掃除の手を止めて住人の邪魔にならないように寄ったり、
挨拶の準備をしたりするのですよ。
その分、時間の無駄です。

マナーだと思って、戻さないで欲しいです。
お願いしたいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近読んだ本をサクッと、紹介します。
私は感想文が苦手なので、お許しください。(^-^;

IMG_3002


◆マンションを買うなら60㎡にしなさい

タイトル通りの内容です。
ただ、都心と準都心の話です。

Amazonの紹介を貼ります。



【なぜ60㎡なのか?】
60㎡はさまざまな側面から見て最も無駄がありません。
70~80㎡に比べ、60㎡は価格が手ごろなのに加え、
仮に売ることや貸すことになった場合でも、
〝守備範囲が広い〟ので「売りやすく、貸しやすい」のです。

入居を希望する人たちは「夫婦2人」から「子ども1人の夫婦」に加え、
「夫婦と小さな子ども2人」「シニア」「1人暮らし」
「兄弟姉妹」「母子または父子家庭」と、非常に幅広いのです。

自ら住む層だけではなく、「不動産投資」や「相続税対策」などの
需要もあります。人口減少・少子高齢化が加速する日本で、
新たに住宅を購入し、安心して暮らしていくためには、
「その家(マンション)に縛られてしまうリスク」
「住宅ローン破綻のリスク」を回避することが大切です。

【60㎡が最強である4つの理由】
(1)売りやすい⇒価格が手ごろで、ターゲットが広いから1年中売れる!
(2)貸しやすい⇒都心では賃貸の供給数が少なく、貸しやすい!
(3)コストパフォーマンスに優れている⇒80㎡は2600万円も損をする!
(4)税制メリットを効率的に受けられる⇒最大400万円も控除される!


◆いい仕事をする人は言葉選びがうまい: ビジネスの口語なるほど「言い換え」術
https://amzn.to/2R4nQwT


この本は実例がたくさんあり、とても参考になりました。
例えば・・
◎ピンチ!
謝る・断る・頼む

◎ビジネス敬語
✖その件に関して、忘れていまして
〇その件に関して、失念いたしまして
これは、お恥ずかしながら知らなかったです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ