タワーマンションへの引越しは、初めて目にした話題でした。

f1472a01282b4e7251d77abc40b3e11d_s


愛読している不動産営業レディМさんがまた、良い記事を書いてくださいました。


デメリット
⑤引越しが大変
建物完成後に一斉引渡しの場合、皆が好き勝手の日時に引越しては1台しかない業務エレベーターは大混雑。その日のうちに引越しが終わらないかもしれません。そのため当然引越し日時をバランス良く分けて行うのですが、世帯数が多ければ多い程希望の入居日には入居開始できないと思っておいた方が良いでしょう。

また、時間と技術を要するためタワーマンションの引越しが出来る業者は限られています。個人で行っているような格安の引越し業者ではまず対応してもらえません。タワーマンションの引越しが可能となっている業者であっても割増料金を取られる事が多いようです。


タワーマンションへの引越しをググってみました。


タワーマンションへの引越しでは、家具の搬入経路や養生場所、エレベーター利用のルールなど
事前に確認すべき項目があります。
引越し当日のトラブルを避けるためにも、早めに情報収集をしておくようにしましょう。



まずはタワーマンションへの引越し料金の相場です。
我が家は下記の条件での引越しです。

・同一都道府県への引越し
・閑散期の平日料金
・二人暮らしで荷物の量は通常~やや少なめ(2LDK→2LDK)
・引越しに使う車は3t

各社の具体的な見積もり額は後ほど記載しますが、先にばっくりお伝えすると見積もり額は70,000円~220,000円でした。かなり幅があって驚いた方もいるのではないでしょうか?

引越し会社6社の話を聞いてみて、タワーマンション引越しの相場感はだいたい100,000円~120,000円が目安かなと感じました(あくまで我が家の条件の場合)。

タワーマンションへの引越しは必ず相見積もりを!

結局、安くても満足のいく引っ越しが出来たそうです。


新築のタワーマンションでは、抽選によって順番に入居する
新築の場合、基本的には抽選によって順番に入居するようになります。




引越し業者にとってもタワーマンションへの引越し作業は独特な緊張感があるようだ。

「電話で見積もりを受け付ける際も、タワーマンションかどうかの確認は、新人にも徹底させています」(アート引越センター・小山まなみさん、以下同)

同社の場合、過去に引越し作業を受注したタワーマンションや高層マンションのデータを全社で共有していて、マンション名を打ち込めばトラックの高さ制限や搬入時間制限の有無、駐車場からエントランスまでの距離などが、すぐに分かる仕組みになっている。

なかでも注意しているのは、荷物を搬入するトラックを駐車できる場所からエントランスまでの距離だという。
タワーマンションでは中庭や公開空地を広くとってあることなどから、ほかのマンションと比べてエントランスまでの距離が格段に長い場合が少なくないという。

「通常単身者の引越しでは荷物の搬入に作業員2人で2時間もあれば終わるのですが、あるタワーマンションでは、トラックからエントランスまで延々500mも歩かねばならなくて、まる一日かかったことがありました」


情報をまとめたので、間違いなどあれば教えてくださいね。