フリーターMeg★の勉強ブログ

マンション管理員経験者が、マンションについて勉強するために書いています♪(マンション管理士試験受験が目標)よろしくお願いします。(*'▽')

私は以前の職場を辞めたので、しっかりと引継ぎをしてきました。
後任の管理員さんも、随分慣れてきたようです。

私なりにですが、せっかくの経験で学んだことを書いておこうと思います。

記事のどこかに書いたと思いますが、夏は暑さとの闘いで、一番厳しい時期だと思います。



3601056_s


梅雨の時期は、暑かったり涼しかったりします。
真夏は暑さでいつもより体力を消耗して余裕がなくなるので、涼しい日に済ませてませておいた方が良いことがあります。

剪定・草取りです。
余裕がある時間にしておくと、夏が楽です。

●草取り
ご存知かとは思いますが・・。
草の種類によっては根が張っている物もあるので、雨上がりの土が柔らかくなっている時に抜くと、楽です。

後、裏技のような方法ですが、コンクリートの間から出ているような草は熱湯をかけて枯らします。
枯れてから取ると少し楽です。

●剪定
剪定に来ていただけるのは、年2回でした。
高い木だけなので、アイビーの剪定は管理員の仕事でした。

アイビーの剪定はこんな感じです。
4月上旬〜10月上旬が剪定可能な時期だそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンション管理員の事故事例を調べてみました。

分譲マンション管理員/研修のご紹介「ヒヤリ・ハット」について
脚立の使い方など、詳しく書かれています。

災害発生報告事例集
事故事例が沢山書かれています。

私が気を付けていたことを書いてみます。

掃除の時の完全防備
●帽子
 日よけはもちろん、クモの巣を取っている時に落ちてくることがあります。
 それが直接頭につかないように。
 万が一転倒して頭を打った時にも、頭を保護することが出来ます。


●軍手
 草取りやごみを拾っている時など、知らないうちに手が傷ついていることが
 あります。
 それが防げます。

3335363_s


階段
 巡回・掃除等で階段を降りる時は、可能なら手すりを持ちます。
 無理な時は手すりに近い方側の位置で降ります。
 転倒しそうになったら、物を落としても自分が落ちないよう、手すりを持つためです。

脚立
 安定するように十分確認してから上がります。

私は怖がりで慎重派なので、今のところ危険な思いをしたことはありません。

気を付けるに越したことはありません。
事故のないように、仕事してくださいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

これは我が家の話ですが、近くのマンションの屋上に鳩が居ついています。

1881241


以前洗濯物を干していたら、我が家の車庫の上で大きな音がして驚きました。
それが鳩だったのです。

朝何とも言えない鳴き声が、うるさいです。

一応マンションの管理員さんに伝えました。
各部屋のベランダに鳩よけネットが張られてはいます。
相談して下さったのですが、鳩に対する対策はないと言われたようです。

何か良い方法をご存知の方は、教えていただきたいです。




マンションの共用部分のハト被害、管理会社に対応をお願いしようと考えています。
妥当ですか?法的に裏付けできるようなことがあれば教えていただけませんか?
先日賃貸単身者用マンションに入居しました。
入居前から、ベランダ部分(屋上に止まるハトのせい)に落ちてくるハトの糞被害には気づいていましたが、
被害がひどく、このままではハトの糞の毒性から健康へ害がでることも考えられます。
屋上とベランダは共に共用部分ですし、マンションの管理会社が対応すべきではないかと考えています。
しかし、門前払いをくらわないように、強く申告したいので、
1)何か専門的な裏付け(例えば不動産関係の法)をご存知の方いらっしゃいませんか?
ハトの被害は、隣の家や下の階の住居にも被害がでており、ベランダに洗濯物が干せない程深刻な状況です。
2)管理会社への申告について何かアドバイスを頂けませんか?
教えて頂けるとうれしく思います。

ベストアンサーに選ばれた回答
A回答日時:2009/3/7 22:37:32
民法606条により賃貸人は賃貸物の使用等に必要な修繕を行なう義務があります。通常ベランダは洗濯物を干す場なのに、それが果たされないと言う事は賃貸人は必要な対策を行う義務があります。管理会社(というか、大家側)が何も対策を取らないのであれば民法545条により賃貸契約を解除して損害賠償を求める事ができます。

ただベランダにハトが飛んでくるのは仕方の無い事ですし、被害の程度にもよりますのでベランダの状況を写真などで記録しておき法律家の判断を仰がれた方が良いと思います。
まあそこまでいきなり強硬な姿勢で臨まなくとも、最初は相談といった形にして門前払いをされそうになれば「民法606条で修繕義務があると聞いたんですが」と言ってみましょう。それでも応じなければ弁護士などに相談ですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ