フリーターMeg★のブログ

マンションや住まいについて勉強しながら、書いています♪ その他雑記も~。よろしくお願いします。(*'▽')

奇跡の不動産屋が教える 幸運が舞い込む「部屋探し」の秘密
– 2019/2/20 鈴木 誠 (著)
IMG_3647

感想です。

細かい表現は違うと思いますが、私の言葉で書きます。

風水の考えに似たような、部屋に入った時感じる【気】を大切に~。
著者が風水にお詳しいわけではないのですが、何となく自分の直感で良さそうな
感じがする部屋を探せばいいということです。
心地よい・気持ちよいみたいな感覚です。

読みやすくて、とても共感しました。(*^^)v

内容は、ほぼAmazonの解説通りです。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

一つ、窓についての話は私の考えとは少し違う部分がありました。
本で は・・
・すりガラスはNG
・透明で、景色が見えるようにする。
とのことで確かに、良い考えだと思います。

我が家はリフォームの時に、断熱窓にしました。
一部にすりガラスを取り入れました。



我が家のリフォームの時には
①大きい窓は、上半分は透明で下半分をすりガラス
②道沿いの小さな窓は、すりガラス

①は、マンションがある方角です。
②は、リビングの一部です。
細い道ですが抜け道になっていて人がよく通る側です。
レースのカーテンをしていても、人が通る様子が見えて、気になって落ち着かなかった
のです。
私のパソコンを置いている場所の近くで、よく使っている場所です。
ここをすりガラスに変えたら、長年感じていたストレスが一気に解消されました。
(すりガラスにしてみて、外がかなり気になってに気付きました。)
すりガラスを一部取り入れるのは、我が家にとってすごく良かったです!!

いろんな意味で、リフォームは大成功だったと思います。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

奇跡の不動産屋は、本を読んだだけでは大袈裟な気がします。
テレビを見たことがないので、見てみたいですね。

これから部屋を探す方にはおススメなので、
是非、Amazonでチェックしてみてください!


内容紹介
日テレ「有吉ゼミ」で人気の不動産屋さんによる幸せになるためのお部屋探しの秘訣!

坂上忍さん推薦!
「誠さんが紹介する物件はレベルが違うんです!
そりゃあ、幸せだってやって来るってもんです」

[本書の内容]
・部屋探しを間違えると人生で迷子になる
・斜めな部屋では、人生も斜めになる
・おとり物件にひっかからない
・悪徳不動産屋のチェックポイント
・人生で成功したいなら「住所」を侮らない
・住む部屋次第で年収は2倍になる
・地方からの上京組こそ妥協してはいけない
日当たりには徹底的にこだわれ
・通勤電車の乗り換えは1回まで
・よい部屋は必ずあなたを応援してくれる

内容(「BOOK」データベースより)
幸せを「予約」したければ、気持ちのいい部屋に住みなさい。部屋も人生も日当たり超大事!エネルギーのある「住所」を選ぶ!窓からの景色は自分の未来を映す!寝室は毎朝生まれ変わるための場所!

著者について
●著者略歴
1977年茨城県生まれ。誠不動産株式会社 代表取締役。高校卒業後、陸上自衛隊(朝霞駐屯地)に入隊。その後アパレル販売員を経て、不動産業界に転身。大手不動産仲介会社を経て独立。既存顧客の紹介を条件に物件案内をする完全紹介制で、ご縁のあったお客様に心を込めて全力で「住んだ後に幸せになっていただける空間」を提供している。お客様への徹底した心づかいが評判を呼び、芸能関係者やプロスポーツ選手など、紹介は途切れることがなく、年間の物件内見数は日本一を誇る。不動産仲介業界の健全な発展のために日夜尽力している。日テレ「有吉ゼミ」不動産コーナーに好評出演中。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

民法の一部が、今年2020年4月1日に改正されます。
詳しくは、こちらです。


マンションに関係する、ポイントをまとめた情報を見つけました。

民法の改正により売主が注意すべき5つの変更点
1、「瑕疵担保責任」から「契約不適合責任」という名称に変わる。
2、「隠れた瑕疵」という考え方がなくなる。
3、契約不適合責任に対して4つの請求権が買主に認められる。
4、売主が「瑕疵担保責任を負わない」という特約ができなくなる。
5、売主の責任追及期間が長くなる。


「隠れた瑕疵」という考え方がなくなる。
そして「瑕疵担保責任」から「契約不適合責任」へ変わるのは名称だけではありません。
売主の物件責任も変更になるので要注意。

現行民法の「瑕疵担保責任」では「隠れた瑕疵」のみ売主が責任を負うことになっていました。

「隠れた瑕疵」の「隠れた」とは「買主の善意無過失」のこと。

そのため、買主が売買契約時に物件の不具合を知ることができる状態だったり、不具合の存在を最初から知っていた場合、売主は物件の補修責任を負う義務はありませんでした。

ところが、今回の民法改正で「隠れた瑕疵」という表現がなくなり「契約不適合」になると、民法上、売主は全ての不具合に対して責任を負わなければならなくなるのです。

引用元


2d340440cf895263c316a18496af4fb9_s
    このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションに関する法律を勉強するために、関連する記事をまとめていきます。
自分用の備忘録です。

9b59858edda2d9564ed2ffbe13c0a9f8_s


詳しいことは、下の記事を見てくださいね。
◆区分所有法ってどんな法律?
マンションを購入すると適用を受ける法律
分譲マンションには、「建物の区分所有等に関する法律」(以下、「区分所有法」)という、民法の特別法として定められた法律が適用される。つまり、マンションを購入した人は、そのマンションの区分所有者として区分所有法とかかわっていることになる。

◆区分所有法ではどんなことが定められている?
区分所有法で決められた専有部分と共用部分
・専有部分と共用部分
マンションのように1棟の建物に複数の所有者がいる建物を「区分所有建物」といい、所有している人のことを「区分所有者」という。

「区分所有建物」のうち、区分所有者が単独で所有しているのが「専有部分」。天井や床、壁などで囲まれ、独立した出入口がある住戸の内部空間を指している。それに対して、建物全体のエントランスやエレベーター、共用階段、廊下など区分所有者全員で共有しているのが「共用部分」だ。

引用元 スーモより


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

★区分所有法の概要


    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ